スマホ水没時は電源を入れずに業者に持ち込み

スマホは生活に欠かせないため、肌身離さず持っている人も多いです。普段は洋服のポケットに入れたり、カバンなどに入れるのでしょうが、必要に応じて取り出して操作をします。その操作をするときが問題で、その下に水があるときに落とせば水没になります。結構あるのがトイレで、それ以外にお風呂などがあります。もし水没させたのであれば、電源は入れたくても入れてはいけません。そして修理業者を探して持ち込みましょう。業者に水没した旨を伝えて、データ復旧の依頼をします。なぜ電源を入れてはいけないかですが、機械の中に水が入っているとショートしてしまう可能性があるからです。電源を入れなければ業者は機械を乾燥させたりして、データの復旧を試みてくれます。

スマホを水没させたらカード類を抜きとって拭く

かつての携帯電話といえば、機械を変更すると電話番号などを変更する必要がありました。しかし今は電話番号を次の機械に引き継げます。他の携帯電話会社に変更しても行えます。これはSIMカードに電話番号に関する情報が記録されているからでしょう。スマホを水没させると気になるのが機械の故障とデータの消滅です。どちらの方が大事と考えるかは人によって異なりますが、多くの人と交流をしている人ならデータの方が大事かもしれません。まず行いたいのはSIMカードやSDカード、さらに電池パックなど外せるものは外します。そして水滴を確認して拭けるだけ拭いておきます。すぐに拭けば水分がなくなるのでさびを防ぐこともできますし、カードからデータを戻せるかもしれません。

スマホ修理をしたいけれど、近くに店舗が無いという方は宅配修理を活用しましょう。正規店、非正規店共に宅配による修理を行なっています。