マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは企業のマーケティング活動における定型的な業務、複雑な処理や大量な処理を自動化し、効率を高める仕組みのことです。また、自動化を進めるツールを指すこともあります。

リードナーチャリングって何?

マーケティングオートメーションとともに注目されているリードナーチャリングとは何でしょうか?リードナーチャリングとは、日本語で言うと見込み顧客の育成です。リードナーチャリングとは見込み顧客(リード)に対して、メルマガやセミナー、Webコンテンツなどの情報を中長期かつ適切なタイミングで提供することで、製品やサービスの購買意欲を高めていくためのプロセスや方法もことです。

メリットとデメリットは?

一番のメリットとして挙げられるのは、リストの適切な管理です。マーケティングオートメーションではリストを適切に管理することで、効率的に売り上げを伸ばすことができます。デメリットとしてはマーケティングオートメーションがすべてを自動化できないということです。マーケティングの発案やコンテンツ作成など人の手が必要不可欠な部分は自動化できないということを理解していないと、導入に失敗することがあります。

必要なコンテンツは?経費はどのぐらいかかる?

マーケティングオートメーションを導入するためには会社が個人宅を訪問して自社製品を説明し、名刺のやり取りを行うといったことをWebでできるようにサイトやコンテンツを用意しなくてはなりません。見込み客がサイトに訪問した後、個人情報と企業の情報を紐づけるため会員登録でコンテンツを利用できる仕組みを作るといった工夫が必要になります。経費は導入ツールや規模によって様々ですが、初期費用が0円というものもあります。ランニングコストは20万円前後が多いです。

マーケティングオートメーションとは、Webサイトの訪問者分析など、マーケティング活動における手作業で行っていた作業を自動化するツールです。これにより、マーケティング活動の効率化を図ることができます。